052-671-0650

〒456-0018
愛知県名古屋市熱田区新尾頭1丁目6-18

名古屋 熱田区 金山 インプラント 歯周病(ペリオ) 審美歯科 本多歯科医院 金山駅から徒歩3分

HOME医院案内スタッフ紹介設備紹介交通案内

PRP療法

金山駅(愛知県)の本多歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
HOME»  PRP療法

PRP療法とは?

PRP(Platelet Rich Plasma)は、血小板を高濃度に濃縮した血漿(けっしょう)のことです。健康な成人では血小板は血液1mm3中に12~38万個、平均で20万個程度含まれていますが、PRPではその3.5~4.5倍程度の高濃度の血小板が含まれています。この血小板を高濃度に含んでいるPRPは、血液凝固反応の過程で血小板が脱顆粒を起こします。この血小板のα顆粒中には、創傷治癒や組織再生に効果的な成長因子が多く含まれていることが知られており顆粒中に含まれるPDGFTGF-βVEGFおよびEGFなどの成長因子を創傷部に放出します。この血小板を濃縮し、局所に移植することによって組織再生を図ることが考えられるようになりました。これがPRP療法と呼ばれる再生治療の原理です。

  • 自分の血液を原料としているため、アレルギー、感染の可能性は全くありません。成長因子、細胞活性化因子を多く含んでいるため歯科領域はもちろん、美容外科領域でも近年注目を集めています。
  • 「傷」が早く治る。抜歯後の治癒促進、インプラント治療後の骨の治癒促進、サイナスリフト後の骨細胞の活性化、そしてそのことにより治癒期間が大幅に短縮することができる。痛みがかなり少なくなる。
  • 弱体化した細胞に対する活性化。例えば歯周病部位に注入することにより病状の改善が期待できる。
  • 美容外科領域では皮膚の活性化の目的で使用している。その他しわに対して注入することにより、いままでのコラーゲンやヒアルロン酸による治療より効果を上げている。

このように「究極のアンチエイジング」の切り札として、今後の活用が期待されています。

PDGFは、細胞増殖の促進、血管の新生、マクロファージの活性化が主な作用とされています。
TGF-βは、細胞サイクルを刺激して、Ⅳ型コラーゲンなどの産生を促進させ、また、細胞の分化や増殖、遊走を調節します。
VEGFは、強い血管新生作用があることから、局所の血管新生と炎症をコントロールしています。

トップページへ